無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

こたつは古いなんてもう時代遅れ!インテリアの一部としておしゃれなこたつ布団カバーをチェック!

コラム

こたつを想像すると昔のおばあちゃんの家にありそうな年ぬ期の入ったちょっとダサいイメージを持たれてる方まだ少なくはないかと思います。

しかし!その考え今すぐ払拭してください!
冬の寒い時期に必需品、冷えた身体と電気代のかさむ時期にほっこりと心とお財布に暖を与えるこたつをこれから見てみましょう。

最新!?現在のこたつ事情って一体どんなの?

ではまずこたつについてです。

昔のこたつは赤と白の混じったコードにあんかの様なヒーターが机裏の部分にボコッとついてあるようなものでしたよね?
また見た目も可愛くなかったり、シンプルだと安価なものに見えてとデザインはいまいちでした。

しかし月日は流れて畳からフローリングに、日本家屋からクールでおしゃれなモダンのお家に変わると同時にこたつも進化を遂げているのです。

① ますはヒーターです。
昔はボコッと下に出っ張りがあったのでこたつの中で足を組み替えたり寝転んで足を少し曲げたりするとヒーターにガン!と足をぶつけた経験ありませんか??
今ではフラットの赤外線ヒーターとなっており足をぶつける心配もなし!!
さらにシーズンオフ時にも普通のテーブルとして使用可能で再度から覗き込んでもヒーターが横から見えることもありません。

② 次にデザイン!!
これは結構な方が購入する際に躊躇してしまうポイントかと思います。
あの年配の方の家にあるようなどしっと重量感と存在感を示すこたつや単身者が簡易で使用するようなシンプルだけどダサいこたつ…とは全く異なりデザイン性豊富となっています。

例えば脚の部分、四角の支柱が四本地面と垂直に4つあるのではなく、素材がアインアンタイプでブルックリンスタイルにぴったりな鉄脚だったり、少し斜めに脚がついていて脚の支柱も丸みがあったり細身になったり…

カフェにあるような北欧のデザインを意識した机になっていてとってもおしゃれです。


また天板も無垢材やヴィンテージ風、形も円や楕円形と豊富なラインナップになっています。

③ 最後に用途。
広いお家ならともかく市内や都内に住むかたは土地も狭く狭小住宅の方もちらほらいらっしゃいませんか?
なのでダイニングテーブルにリビングテーブルと2つも要らない!置けないっておっしゃる方にはダイニングテーブル型のこたつテーブルもあります。


1つでこたつとテーブル1台2役!
冬の食事中も寒くなくポカポカで食事でき、ばまたこちらに至っては膝の調子が悪い女性にもオススメです。

どうですか?コタツのイメージががらりとかわってきましたかね?
もちろんそれに伴い、こたつ布団カバーもちおしゃれでどれにしようか迷ってしまいます。

スポンサーリンク

最新!夫婦で相談必須です!インテリアスタイルに合わせたこたつカバーを散策♪

では次にこたつ布団のカバーです。
折角おしゃれなこたつを購入しても布団カバーがダサければ全くの意味なし!!
特に冬はこたつがインテリアの中心になるぐらい目を引く存在感となりますので、お部屋のスタイルに合わせて購入を検討してみましょう。

① ナチュラルスタイル
これは多くの女性が憧れるスタイルの一つですね。白とメープル系の木材。
淡い感じで柔らかみのあるお部屋。インテリアでは北欧系のものが好まれそうな気がします。

こちらにはマリメッコ風のお花をあしらったカバーやモダンにも合うクロス柄のカバーはどうでしょう??
旦那様の意見も大事ですが家に主にいらっしゃるのは奥様です。

冬の限定だけでも目立つ好きな柄を使うのもありですよ。

② 男前風スタイル
こちらはシルバーや黒とヴィンテージ風の少し男前なブルックリンスタイルのお部屋ですね。
インテリアでも古めの錆び加工をしたものや、トタンやブリキ系のものがこのまれます。
こちらですと赤とネイビーのチェックはいかがでしょう??

えっ!?と意外性のものをチョイスしたので驚かれるかもしれませんが、折角温もりがあるこたつ。
その一部だけにカラーをもってくるのもクールでかっこいいと思います!!
ダメダメ。受け入れられないというかたはデニム調のものや変化系を好む方はこたつの端をボアでぐるりと囲みキルト調のものもおすすめです。

他にも手触り重視ですとマイクロファイバーやフランネル生地タイプとそれぞれの好みのものを選ぶのもたのしいですよね♪

スポンサーリンク

最後に

折角新築のお家を買った、リフォームして親と同居から自分達のリビングダイニングが持てたという夫婦の皆様!!
おしゃれなお家に住んでいても部屋が寒ければくつろげる空間にならず、ヒーターの前から動けないってなってしまいますよ。

実用性とさらにはおしゃれも兼ね備えた最強暖房器具だと自負してしまいそうなこたつ!
私も愛用中ですが、家族全員があつまり暖を取るコミュニケーションの場にもなります!
考えたことなかったというかたは是非一度こたつコーナーに行ってみて購入を考えて見てください。

スポンサーリンク

コメント