無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

葬儀スーツ種類を知りビジネススーツとの違いを見分けマナーを心得よう

通年イベント

20代の後半にも差し掛かると、親戚の不幸事にも出くわす機会が増えてきます。

しかし、突然過ぎる事で、スーツの用意をしておらず、焦る事になります。
ビジネスの面接の際に、ブラックスーツを揃えたので、黒だから、そのスーツでなんとかなる
っと思っていませんか?

実はその考え方をしている方は、結構多いのですが、タブーな考えなのです。

そこで、今回は葬儀のスーツとビジネススーツの違いに付いてご説明すると共に、葬儀のスーツ
の種類やマナーなども詳しく分かる様に解説しております。

貴方もこれを知る事で、ビジネススーツと葬儀スーツの違いを知りお葬式で、
親戚からも、久しぶりに会ったら、「もうすっかり、社会に溶け込んでいるな」
っと安心の眼差しで、貴方を見るのでは、無いでしょうか?

葬式のスーツの種類とは?


それでは、初めに、スーツの種類を詳しくご説明していきたいと思います。
冠婚葬祭のスーツは一般的に礼服と呼ばれています。
礼服の中でも葬儀スーツは一般的に、喪服と呼ばれています。   
礼服は各が3段階に分かれていてます。
その3段階は、正礼装、準礼装、略礼装 です。
順番に最も格式が高いとされているのが、正礼装で、次に準礼装で最後に略礼装とされています。

喪服は礼服の中で、法事や儀式に着る服装とされています。
喪服にも、正喪服、準喪服、略喪服とあり、順番から解説していきたいと思います。
正喪服は、主に葬儀を主催する側の人が着るとされています。
一般的参列者はこの正喪服は着ないとされています。
準喪服は一般的にお通夜や告別式に着るとされています。
略喪服は急なお通夜や三回忌などで着用する装いとされています。告別式には正式な喪服を
着用して下さい。

正喪服と準喪服に関しては、主催する親族同士で話し合い決めるとされています。

スポンサーリンク

葬式スーツとビジネススーツの違いとは?

色々と葬儀用スーツにも、3種類あるのはお分かり頂けたと思います。
それでは、喪服はビジネススーツと何が違うのかに付いて詳しくご説明いたします。

まず、生地が違います。ビジネススーツの黒スーツは光を反射する様に作られているのに
対して、喪服は光を反射しない生地質で作られています。
次に、喪服の織り方はちりめん、精華、羽二重といわれる織り方で、これはビジネスでは余りない織り方です。
最後に、喪服は純黒や隅黒と呼ばれる黒なので、ビジネススーツの黒とは違います。
ですので、
「ビジネススーツでもいいや」っと考え、ビジネススーツを着てお葬式に出席してしまうと、太陽光の下に出て、何人も葬儀スーツを着用している中に混じれば直ぐに、色の違いや光沢感が発覚してしまい「あれ?ビジネススーツじゃない」っと親戚に言われて大恥をかいてしまいますので、辞めましょう。


尚、お通夜の場合は濃紺や黒で良いとされていますので、
葬儀の日までには、純黒や隅黒の葬儀用スーツが着れる様にしましょう。

スポンサーリンク

葬式スーツマナーとは?

葬式でのマナーに付いてご説明致します。

葬式のスーツと一緒に持つ持ち物ですが、カバンを持つ場合は黒の無地で柄や光沢が無くなるべく光物の金具の付いていない物が相応しいとされますが、金具が付いている場合、最低条件として、派手でなくゴールドは避け、シルバーの物にして下さい。
シャツは白のブロードのタイプにして、襟はレギュラー又はワイドのノーマルラインにしましょう。
ネクタイは黒無地のネクタイを締めましょう
ネクタイピンに関しては、ゴールドは避け、シルバーにしましょう。
アクセサリーは結婚指輪以外は指輪の光物はさけましょう
髪型は顔に掛からない様にしましょう。
少し髪の毛が掛かる場合はワックスやミストを上手に利用して、お顔回りをスッキリとさせましょう。

靴下は黒で、靴はロファー、プレーントゥ、ストレートチップのお形が相応しいとされています。
靴は金具が付いていると目立ちますので避けましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
今回は葬儀スーツに付いて詳しく解説して参りました。
貴方も、葬儀スーツの種類を詳しく知る事で、いざっと言う時に困らない自分でいられる様にしておきましょう。

この情報を知った貴方はもう、うっかり、ビジネススーツを着て親戚を驚かれる事なんてないはずですよ。

スポンサーリンク

コメント