無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

知らないとヤバイ!?葬式の受付って誰に頼めばいい?お礼は?

通年イベント

一生涯において、そう何度も経験することがないかもしれない、喪主。未経験だからわからない。でも知らなければ恥ずかしい。
自分が喪主となったとき、受付やその他の係はだれに頼むべきなのか?そのお礼はどうしたらよいのか?ちょっと調べてみましょう。

お葬式の受付は、ご遺族がどなたかに頼まらければいけません。
でも誰お願いするかなんて考えたことがない人が多いはずです。

一般的には故人や喪主の友人関係や町内会の方。趣味等でつながりのあるお仲間や会社関係などが多いです。
受付はだれに頼んでも大丈夫で、マナー違反などにはなりません。

直径以外の親族で、信頼のおける方なら大丈夫ということです。
そして、お葬式の受付を引き受けていただいた方には謝礼を渡すものです。金額としては、2000円から5000円くらいが相場です。

(御礼)とか(志)などとかいてお渡しします。熨斗を付けるのであれば、黒白の結びきりでがよいでしょう。
また、現金ではなく、品物にする場合もあります。そのときは、お菓子やタオルなど無難なものがよいかとおもいます。

地域にもよりますが、お礼をしない取り決めなどあるところもあります。
町内会など今までのことを確認しながら進めることが大事だと思います。

葬式で恥をかかないマナーは⁉挨拶や係は?

お通夜やお葬式においていろいろな係があります。
受付、会計、接待、台所、駐車場、交通係などです。

受付係、会計係
 お通夜やお葬式の出入り口付近に受付を設置し、弔問客をでむかえて、香典を預かる役割です。


多くの場合は、受付にいる役員で記帳や会計作業を行うため、受付係と会計係を兼任することが多いです。

接待係、台所係
 弔問客やお坊さんへお茶を出したり、食事の準備や配膳のお手伝いをするのが役割です。
調理や、台所での作業がメインになってくるため、女性の方が頼まれることが多いです。
通夜ぶるまいや、告別式のあとの会食の時などにお手伝いをすることが多いです。

駐車場係、交通係
 駐車場で、弔問客の車の誘導をしたり、腕章や、プラカードなどをもって、葬儀会場までの道順を案内したりします。
葬儀会場の外でのお手伝いになるので、多くの場合は近い親族ではなく、遠い親戚や、会社関係、町内会の方にお願いをすることが多いでしょう。
葬儀の場においてお手伝いをする場合は、立場は(遺族側)となりますので、弔問客などへ失礼のないように気配りをしなければいけません。

スポンサーリンク

葬式で恥をかかないマナーは⁉靴に金具がついてても大丈夫?

葬儀の場において、男性の靴はつま先と靴ひもを通す部分のデザインに着目して選びましょう。
フォーマルなシーンに最も適しているのは、つま先に横一文字のラインが入ったストレートチップのデザインで、靴紐が内側に向かって通されている内羽根となっている靴です。

このほか、つま先に何も飾りがないプレーントゥの靴でも問題ありません。
ビジネスシーンではつま先のデザインがUチップやウィングチップになっている靴がよくはかれています。
しかし、葬儀の場ではなるべく避けたほうが無難でしょう。

また、金具がついている革靴もNGです。
靴ひもを通す穴に金具の装飾が施されている靴もカジュアル寄りのデザインになりますので避けたほうが無難です。

スポンサーリンク

葬式で恥をかかないマナーは⁉スーツは紺で大丈夫?

葬儀の場で、あなたの年齢や既婚なのか未婚なのかまたは、あなたの位置関係等によって変わると思います。
(遺族や親族の場合)
未婚者で、未成年の場合であれば紺のスーツでも大丈夫だと思います。
既婚者であったり、年齢が20代30代またはもっと上の年齢であれば、黒のスーツに黒ネクタイなどの略礼服がよいでしょう。

(一般参列者の場合)
未婚者で、未成年であったり、20代くらいでしたら紺のスーツでも大丈夫です。

でもやはりそれ以上の年齢であったり、既婚者であれば黒のスーツに黒ネクタイを用意するべきだと思います。
世間知らず、と言われないようにしっかりとマナーは身につけたいものです。

スポンサーリンク

コメント