無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

2回目のデートで気を付ける、3つの注意点!! これで彼女と急接近!!

通年の悩み

彼女ができて2回目のデート!! 
1回目はきっとお互いにドキドキして何もかもが楽しかったことでしょう。
しかし、2回目のデートが肝心です。

1回目のデートよりもどこに行けばいいのか、どう彼女をエスコートするのかが、今後彼女と続いていく上で重要になるデートになること間違いなしです。
彼女もきっと、次はどんなデートにしてくれるのかなと期待しています。
彼女の期待にそえるように2回目のデートについて考えていきましょう。

まず、彼女を2回目のデートに誘うメールの文面ですが、1回目のデート楽しかったねと、1回目のデートについて少し触れてください。
そして1回目のデートの際には彼女の好みや行きたいところなども会話の中で出てきたかと思います。

前のデートでここに行きたいって言ってたから、次はここに行こうというようなメールだと、彼女も私の話覚えてくれてたんだと嬉しく思います。
基本的にはシンプルかつ明るい文面にしましょう。

また、特に行くところが決まっていない場合は今の季節に合わせて、花見やお祭りなど彼女と行っても会話に困らないところにお誘いすることをおススメします。

2回目のデート、誘うならここだ!!

2回目のデートは、さっきも書きましたが1回目のデートで話題に出たところに行くのがベストです。
女性はやはり自分の話を覚えてくれていることは、とても嬉しいことです。

ですので、「この前言ってたところに次は行こうか」と彼から誘ってもらえると彼ってきちんと私の話聞いてくれてたんだと好印象を持ちます。
たとえば彼女が芸術鑑賞が趣味だというのであれば美術館デート、水族館が好きという話題が出たら水族館デートといったように。

それでもどこに誘えばいいのか分からない場合は、今の季節に合ったところにデートに行くのもいいです。夏なら花火や祭り、秋なら紅葉を見に行くなど。
いやいや、もっと身近な場所でと思うのであれば、私はショッピングデートをおススメします

何故かというと、ショッピングセンターにはたくさんのお店があります。
ですので、彼女の服の趣味やお互いがどのようなものを好むのかがよく分かるからです。
2回目のデートはまだお互いのことが分からないことばかりです。
お互いのことが分かりあえるように、会話中心なデートにするといいでしょう。

NGなのは映画や舞台鑑賞など、あまり会話の少ないものです。
しかし、見終わった後にお茶などをして会話をするならいいかもしれません。

スポンサーリンク

少しでも急接近したい! 彼女と手を繋ぐ方法。

彼女と手を繋ぐというのは、男性にとってはドキドキするものですよね。

どのタイミングで手を繋げばいいのだろうか。むしろ手を繋いでいいのだろうか。
ぜひ貴方から手を繋いでください。
女性は自分から手を繋ぎたいというのは恥ずかしくて言えない人が多いのです。
実は私もそうです。
でも繋ぎたい!! その葛藤で、結構悩んでたりするんですよ。

彼女との会話の中で、ちょっと強引な人が好みだという会話があれば急に手をつなぐのはOKです。
しかし、女心は複雑なもの。
急に手を繋がれると「え、なに?」と好印象とは全く真逆に取られてしまう事も。
一番いいのは「手、繋いでいい?」と聞くこと。
彼女の気持ちを確認したうえで、行動する事で紳士的に見られます。
やはり親しい中にも礼儀あり。まだお互いに分からない関係性だからこそ丁寧に彼女とかかわることが大切だと思います。

タイミングとしては、やはり歩いているときですね。
手を繋ぐことで彼女の歩幅に合わせて歩くこともできます。


手は普通に繋ぎますか? それとも恋人繋ぎ?

デートがいい感じにすすんでいるのであれば、頑張って恋人繋ぎしていいです。
その時、彼女の表情を見てください。
少し恥ずかしそうに笑っていたらOK!!貴方と手を繋ぐことにドキドキしてる証拠です。

スポンサーリンク

デートの後もしっかりと彼女の心をわしづかみ!

さて、デートは無事に終了!! 彼女との楽しいひと時が終わりました。
無事に終わってホッとしているとは思いますが、まだ終わっていません!!

デートが終わって家に帰宅した後は、必ず連絡をしましょう。
今日は楽しかったなどの会話を必ず入れる事!
彼女は彼から連絡が来るのを待っている傾向があります。

彼女から連絡が先に来たということは、彼女も貴方ともっと親密な関係になりたいのかも。
デートで楽しかったこと、気づいたことなどを話題にしましょう。
そしてそれで終わりではなく、次のデートの約束をしましょう。
デートは続き物だと思ってください。

その場その場で終わるのではなく、デートが終わればまた次のデートの話題を入れて文章を作成し、送りましょう。
そうすれば、彼女は「次も会いたいと思ってくれてるんだな」と嬉しく思います。

スポンサーリンク

まとめ

女心は難しいので、何気ないことで喜んだり怒ったりします。
でも相手を知りたいと思うなら、衝突することはあります。

衝突することを恐れずに、ぜひ彼女と仲良くなるためにも
2回目のデートを成功させてください!!

スポンサーリンク

コメント