無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

バレーボールでサーブが入らない!?サーブのコツを教えます!

通年の悩み

バレーボールを始めたばかりで、サーブがなかなか思うように入らなくて悩んでいる人はいませんか?

この悩みを持っている人、結構多いんですよね。

でも、初めからうまくサーブが打てる人なんて滅多にいないし、ちゃんと練習してコツをつかめばサーブは入るようになります!

今回は、サーブをうまく打つコツや、サーブの種類などを紹介します。

まずはバレー ネットの高さを知っておこう!


バレーボールのサーブを相手コートに入れるには、まずネットにかからないように打たなければなりません。

バレーネットの高さをあらかじめ知っておくと、サーブを打つ時のイメージがつかみやすくなるでしょう。

🏐年代によって違うバレーネットの高さ
1.小学生バレーネットの場合

男女の身長差が少ない小学生は、ネットの高さは男女共2mとなっています。

高学年になるとネット超えのジャンプができようになる子もいますが、大半の小学生は2mは高いと感じるはずです。

サーブを打つときは、大人の身長よりやや高めを狙う気持ちで打つといいでしょう。

2.中学生バレーネットの場合

中学生男子:2m30cm 女子:2m15cm

男子は中学生の時が成長期なので身長が伸び始めます。ですから男女でネットの高さに差がつけられています。

小柄な人は、サーブを打つ時かなりネットが高く感じると思うので、例えばフローターサーブを打つときはボールのやや下を叩くように打つとネットにかかる確率は減ります。

3.高校生バレーネットの場合

高校生男子:地方大会は2m40cm、公式大会(ブロック大会や全国大会)は2m43cm
高校生女子:2m20cm

高校生と一般の選手のネットの高さほぼ同じです。中学生の時により10cmもネットが高くなっているため、多くの人がネットが高いと感じるようです。
サーブを打つときは、ネットから30~40cmの幅に入るように打つと、ネットギリギリのいいサーブが打てます

スポンサーリンク

バレーボールのサーブの種類はこんなにある!

🏐初心者向けのサーブ

①アンダーハンドサーブ

体育の授業でよく見られる下からボールを打つサーブです。

放物線を描くゆっくりとしたサーブなので威力はありません。しかし相手コートに入れやすいので、入る確率は高いです。

②サイドハンドサーブ

ママさんバレーでよく見かけるサーブです。

ボールを軽く上げてから、肩の高さで横振りして打つサーブになります。

アンダーサーブより速度が少し速くなりますが、威力はそれほどありません。

🏐上級者(バレー選手)向けのサーブ

①フローターサーブ

一番ポピュラーなサーブで、ボールを真上に軽く上げ、腕を振り下ろすように打ちます。

ボールを掌の掌底部分で打つと無回転サーブにもなり、相手を翻弄できます

②ドライブサーブ

ボールに前回転をかけながらトスして、少しかぶり気味で打ちます。

こうすると下に落ちていく強いサーブとなるので、パワーサーブとも言われています。

③ジャンプサーブ

ジャンプサーブには、ジャンプフローターサーブとランニングジャンプフローターサーブがあります。

名前の通り、ジャンプしながらフローターサーブを打ったり、助走をつけてジャンプしてからフローターサーブを打ちます。

ジャンプサーブは、かなり高度なサーブなので、初心者の方はしばらくは先の楽しみにとっておきましょう

 

スポンサーリンク

バレーボールのサーブのコツを教えます!

一言にサーブが入らないと言っても、その原因は様々です。

ここでは、その原因と対策、サーブのコツを紹介します。

🏐サーブがネットに届かない人

サーブがネットに届かない原因は、

(1)筋力不足(2)ちゃんとボールにミートしていない(3)サーブトスが上手く上げられていない   の3つです。

(1)の人は、まず相手コートまでボールを投げる練習で筋力アップを図ってください。
(2)の人は、トスを低くして親指を広げ、手の掌底部分で打つように心がけましょう。
(3)の人は、自分の一歩前に足を出した所に落ちる位置でサーブトスをあげる練習をしましょう。

🏐ボールがおかしな方向に飛んでしまう人

この原因は一つだけです。

それは、手のひらにボールがしっかり当たっていないということです。

対策として、まずはボールを飛ばす方向に体を向けましょう

そしてトスを上げてボールを打つときしっかり手のひらに当ててください

しっかり手にあたっていないとおかしな音がするので、いつも「バン」という正しい音がするようになるまで練習してください。

また、打った後、腕を狙ったコースにフォロースイングをするようにすると、コースをコントロールできるようになります

 

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか?

サーブはバレーボールにおいて、一番最初に相手を崩せるかどうかがかかっている重要な攻撃です。

ですから、サーブが上手くなるということは、それだけチームへの貢献度が高くなることを意味します。

上記の方法を試して、かっこいいサーブが打てるようになってくださいね!

スポンサーリンク

コメント