無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

風邪かな?と思ったらコンビニへ走ろう。コンビニ栄養ドリンクは即効性が高い!

通年の悩み

風邪かな?でも、仕事休めないし、悪化もしたくない。
突然職場で、体がなんだか怠い・関節の節々が痛いと感じた時、それは風邪です。

コンビニやドラッグストアの栄養ドリンクを飲むだけで、ひきはじめの風邪には即効性があり、長引くことはありません。
風邪かな?と思ったら即コンビニで栄養ドリンクを購入しましょう。
コンビニの栄養ドリンクは風邪の引き始めにはピカいちです。

コンビニで販売している栄養ドリンクの選び方をご紹介いたします。
まず、コンビニに走り、栄養ドリンクコーナーに走り、最低500円以上のものを選んでください。

安いものですと、まったく効果に現れません。

次に箱に入っている栄養ドリンクを選びます。
箱にはいっているゆえに、風邪の症状や怠さに効く成分が入っています。
高いですが、その際3本ほど購入するとよいでしょう。

そして、購入後すぐ飲む!寝る前にも飲む!朝起きて飲む!3本すぐに飲み切りましょう。


そうすると、風邪の症状が抑えられます。

次の日はいつもと同じように出勤できます。
風邪の引き始めが一番大事です。

葛根湯でも引き始めに3日間ほど飲み続けないと風邪には効かないといいます。
ここでどれだけ抑えられるかがポイントです。

ちなみにポカリスエット等の経口補水液もできるだけ一緒に購入してると良いでしょう。
風邪の時は体の水分が劇的にが不足します。

風邪のひきはじめは首の後ろが痛いのはどうして?

風邪のひきはじめに気づいていない方た多いです。
なぜかというと、体のちょっとした痛みから始まり、その後怠さがきます。
そして、風邪の症状ののどの痛み・鼻水・咳へと移行していきます。
風邪のひきはじめを察知してください!
そうすると、風邪を抑えることができます。

風邪のひきはじめは首の後ろあたりが痛む
風邪をひきはじめると初めに血行が悪くなり、首筋がこわばり、「なんだか今日はいつもより肩が凝るな~」と感じます。
風邪なのに肩こりと間違うと、治る風邪も治りません。
また、風邪なのに肩こりのマッサージをするとより悪化します。

いつもと違う肩こりやちょっとゾクっと感じたら、まず、すぐにコンビニに走りましょう!

スポンサーリンク

風邪の時のお風呂は入っていいの?

風邪の引き始めに気づかず、こじらしてしまったとき、お風呂に入っていいか迷いますよね?
結論は、体に無理のない程度なら入ってもOKです。
風邪のピーク後が安心かもしれません。
遠の昔は、家にお風呂が無く近くの銭湯まで行ってました。

やはり近いといっても距離はあるので、湯冷めしてしまいますよね。
いまは、自宅にお風呂があるので、お風呂後体を冷やさずしっかり服を着て温めてすぐ寝てしまうと問題はありません。
むしろ、現在ではお風呂に入ったほうが、体の芯から温めるので風邪には良しとされています。

―お風呂の入り方―
温度は40度程度が良いとされます。
ぬるすぎず・熱すぎず、体に負担がかからない程度ではいります。
つかる時間も10分以内。風邪の時に長湯しすぎると体力を消耗します。

お風呂から上がった後は、暖かい服装+靴下をはいて、冷やさないようにしてください。
お風呂後はぬるめの経口補水液をできるだけ飲んでください。
風邪の時は水分が不足しがちです。
また水だと、体内に水をとどまらせることがなかなかできません。
経口補水液だと、体内に水分をとどまらせてくれるので、体の乾燥を防ぎます。

風邪の時は無理のない程度にお風呂につかり早く風邪を治しましょう。

スポンサーリンク

風邪の治りかけは朝がだるい

朝怠いと風邪が長引いていると思いますが、実は治りかけのことが多いです。
普段でも寝起きは相当健康体な方ではない限り、怠さを感じてしまうのではないでしょうか?
そして、風邪の時、寝起きは頭は起きているのに、脳は副交感神経のままなので、よりだるさを感じやすくなっています。
0
寝てるときに咳が出るのはこの副交感神経の仕業です。
しかし、風邪の時、朝からだが怠い・鼻水・咳がでるっていうことは、体のウイルスや菌を排除しようとしているところです。
要するに治りかけになります。
昼くらいにはだいぶんマシになり、また、次の朝怠くなる・・・風邪の治りかけのサイクルです。
この風邪の負のサイクルにならないように、引き始めからしっかり対処して、早めに風邪を治しましょう。

スポンサーリンク

さいごに

風邪には早めの対策が必要です。体内を温めなければなりません。

なんだかいつもより、怠かったり、肩が凝り、体の節々が痛いと感じたら応急処置としてコンビニに走り、500円以上の栄養ドリンクをすかさず飲みましょう。
そして、40度のお風呂で体が温めくらい(しんどくない程度)、水分をたくさんとって、ゆっくり休息してください。
早ければ、風邪の症状が治まったり、風邪が長引くのを防ぎます。
是非、この方法で風邪を乗り切りましょう。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント