無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

花粉症肌荒れの強い季節を知り肌荒れの症状を把握し乾燥肌改善

通年の悩み

30代になり春の時期に乾燥が気に初めませんか?
20代の頃は乾燥など気に成らなかったのに30代になり乾燥が急に気に成り初めませんか?
実はその乾燥にも種類が沢山存在する事実と乾燥が強くなる季節がある事をご存知ですか?

乾燥の一番強いと言われる季節は春です。
その理由や原因を詳しく解説すると共に乾燥への対処法と改善策を書き出してみました。
あなたも早く乾燥には原因と理由がある事を知り、対処法を試して改善して下さい。

花粉症や乾燥で肌荒れの強い季節とは?


乾燥が一番強い春がやってきました。
乾燥は冬がキツイ季節だと思っている方が多いですが、一番強い季節は春です。

お化粧をして外出した時の夕方に一番乾燥って気になりませんか?

実は、春には昼と夜の温度差が激しいのです。
それに加えて、スギやヒノキ花粉が、大量に飛び交います。
これらを、もう少し掘り下げて解説すると、湿度が低いのは、冬が終わり温かくなり始めたと言っても、急に湿度が上がる事が無い為に、夏までに、徐々に回復する為に、まだまだ、油断は禁物です。

昼と夜では、地域により違いがありますが、3度から5度程に開きが見られます。

紫外線は、2種類のタイプが有り、UVAとUVBが有ります。
UVAはUVBに比べてエネルギーは低いですが、浴びすぎると、シミや皺の原因になります。

UVAが強い季節は4月から8月ですが、年中降り注いでいます。
UVBはエネルギー量が強く、浴びすぎると火傷の様に成ります。
UBVは5月から8月に多く降り注ぐ紫外線です。

乾燥や肌荒れの起こる原因は、紫外線、温度変化、花粉が挙げられます。
全て、春の季節に含まれています。


花粉症からくる肌荒れは、花粉からくるケースと、その他の要因が混じり合うケースです。

スポンサーリンク

花粉症による肌荒れ具体的な症状とは?

Yahooのアンケートで、花粉症が有ると、答えた女性の、9割が乾燥肌荒れの症状がある、と答えました。
花粉症による主な症状は?
化粧ノリが悪くなる、お肌が乾燥する、お肌に痒みが出始める、お肌が所どころ痒みが現れる、お肌から白い粉が出る、お肌爛れるという症状が出ます。

この症状を自分でしっかりと把握して改善を考える事が非常に重要に成ります。

自分に起こっている症状を把握せず、肌荒れや乾燥と捉えて、お手入れを行ってしまった場合、症状がキツクなるからです。
春の季節は、紫外線が強いので、安易に紫外線カットのしっかり入った日止めを使用する事で、お肌を刺激してしまい、痒みがでてしまう。
乾燥には保湿が大切だと思い、しっかりとした保湿成分が入ったクリームを選んで、痒みがおさまらなくなる。
この様なケースを引き起こしてしまっては、大変です。

花粉症が有る方は、しっかりと意識調査で、9割が肌荒れがあると回答した事実を知って下さい。
花粉症では、無い方も、ヒノキやスギ花粉は、肌に付き過ぎると、痒みが出たりしますので、注意して下さい。

スポンサーリンク

花粉による乾燥や肌荒れの改善方法は?

花粉による乾燥や肌荒れの対処法で一番大切な事は、症状を適切に見極めながら進めて行く事です。

次に、低刺激の成分に変える事が重要です。
低刺激製品や花粉症用の製品にすると、花粉による、アレルギー反応を悪化させる心配が低いからです。


ですので、軽い症状で、乾燥のみを感じている場合いなどは、洗顔ホームや化粧品や化粧水と保湿クリームを低刺激や花粉症用の物に変えて、少しでもお肌への負担を減らしてあげる事が優先です。
その後に、低刺激の保湿をしっかりとおこないましょう。

保湿が出来ていないと乾燥からくる痒みなども出ますので、お肌の状態がいい時は保湿もしっかりとおこないましょう。
お肌の状態が、悪い時は、無理に保湿をせず、少し、休ませながら、進めていきましょう。

お肌の調子が思わしくなく、痒みが酷いや赤い場合いは無理をせず、お医者さんに相談してください。
専門の塗り薬や飲み薬や化粧品などが処方されます。

症状が良くなり始めた頃にまた、お手入れを再開する事で、お肌の調子も良く成ります。

スポンサーリンク

まとめ

乾燥や肌荒れには原因が有る事を理解して、闇雲に保湿に走り改善を望むのでは、無く、一度自分の症状を知る事が大切です。
花粉症をお持ちの方は特に気を配り、お手入れして頂く事が大切です。

花粉の辛い季節ですが、自分の症状や季節の特徴を少しでも理解して、お手入れを進めて行く事で、花粉による影響を少しでも改善して頂けます。

お肌の調子が戻ってくると気持ちも明るく成りますので、そんな気分でこの時期を乗り越えて下さい。

スポンサーリンク

コメント