無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

転職って繰り返すもの?働きながらの転職はするべき?

社会人

誰もが考える転職。
一度この会社で仕事していくと決めていたにも関わらず、時間が経つにつれて、「本当に今のままでいいのだろうか?」と悩むことは多いです。

その際に考えるのが転職。職種を変えて新しい自分を見つける上でも、転職という方法は人生の一つの手段といえます。
そこで今回は、転職について悩んでいる方向けに、転職についての簡単なノウハウを紹介します。

転職を繰り返すと?

転職は繰り返すと、履歴書にある経歴の欄に、前の会社に勤めていた旨を書かなければならなくなります。
その為、面接官に、「なぜこんなに転職をしているのか?」と聞かれる場合が多く、あまりの転職の回数が多いと不利になります。

もちろん、多少の転職は自分発見のためにいいことかもしれませんが、3回4回と転職を繰り返した場合、面接官は「この人を採用しても、すぐ辞めてしまうからもしれない。」と思ってしまうのです。
ですので、転職を繰り返すほど、他の人の印象は悪くなるということを肝に命じておきましょう。

スポンサーリンク

転職活動に疲れたら

転職活動に疲れたら、たまにはゆっくり休むのも一つの手です。
転職活動とは、基本的にのんびりやるものではなく、たとえ失業中であって失業保険をもらっていたとしても、期限がありますし、無職で転職活動をしていた場合は、生活費が次第に困窮してきます。

ですので、気持ちばかり焦ってしまい、本来の自分の希望ではなかった職種や会社へ転職してしまうケースが多いです。


転職活動とは疲れるものなので、月に何日かは自分の好きなことをして、時間を有意義に過ごすことも必要です。

スポンサーリンク

転職をする際の注意点

転職をする際の注意点として、気持ちが焦ってしまうことは避けるべきです。
というのも、焦って転職してしまうと、またすぐ転職するハメになるからです。

転職とは自分の慣れてきた仕事を辞めて新しい仕事をすることであり、社会人1年生の同等の仕事をまた一から覚えていかなければなりません。
そして、年齢も転職をする際の注意点の一つです。
特に40代以降の転職は、それなりのスキルや人脈がないと、転職することは難しいといえます。

20代や30代での転職ならまだいいのですが、年齢を重ねるほど、転職活動は厳しいということを頭に入れておきましょう。
逆に、40代以降の転職については、きちんと次の転職先が決まってからにすることです。

スポンサーリンク

転職は働きながらやる?それとも無職になってからやる?

転職は働きながらやるべきであり、無職になってからやるべきではありません。
一番の理由として、生活費の問題があります。

どうしても転職したくて仕事を辞めてしまい、転職の時間を多くとってしまうと、時間が経つにつれて、お金がなくなってしまい、生活費に困っていきます。
そうなると、欲しいものや食べるものを節約する必要があり、交際費も減らさなければならなくなります。

こうなってくると、人と会う時間が減っていき、一人の時間が多くなって気持ちが沈んでいき、心のモチベーションを保つのが難しくなり、ますます転職活動に焦りが出てきます。
そして、なんでもいいからと職種を問わないで、自分の希望ではなかった会社に就職してしまうのです。

こうなってしまうと、何の為に仕事を辞めたのがわからなくなりますし、また同じことの繰り返しになってしまうのです。
ですので、転職活動は働きながら行い、お金に余裕がある状態でするべきです。

スポンサーリンク

さいごに

転職について簡単に紹介しました。
現在の日本は人手不足もあってか、働く側にとっては売り手市場になってきています。
その為、転職も意外と早く決まるケースも多くなっていますが、やはり年齢を重ねるほど不利になっていくのは否めません。

転職活動に焦りは禁物です。
あまり深く考えずに無職になることだけは避けるようにして、心にゆとりを持ちながら転職活動をするようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント