無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

インフルエンザの予防には本当にマスクが有効なのか?防げるのか?

インフルエンザ対策

冬に入ると嫌なのがインフルエンザです。
私もインフルエンザa型に感染したことがあり、苦しい思いをしました。

インフルエンザの予防にはマスクが有効?

実はマスクの効果が一番発揮するのは自分がくしゃみや咳をしているときなのです。
え、だったら周りの人がくしゃみや咳をしているのを予防できないの??

完全に予防はできません。
なぜなら、顔とマスクの間には必ず隙間があいてしまいます。
ウイルスはとても小さくその隙間から入り込んだり、また、ウイルスのついた手で食べ物を食べてしまうと感染してしまいます。

完全にウイルスを遮断することはできませんね。

インフルエンザa型の初期症状とは。

インフルエンザa型の初期症状は、38度以上の高熱、悪寒、関節・筋肉痛などが特徴とされています。
さらに増殖力や感染力が強いため流行しやすいところもインフルエンザa型の特徴でもあります。

a型は特に変異株があり、世界的に大流行してしまいます。
大体の人がこのインフルエンザa型に感染する人が多いでしょう。

スポンサーリンク

インフルエンザa型は熱が出ない?

このインフルエンザa型は一般的には高熱が出るのが普通です。
しかしたまに、熱はそこまで上がらないが悪寒や筋肉痛などインフルエンザの症状が出てくると言う場合があります。

これが「隠れインフルエンザ」です。
検査してみるとインフルエンザ陽性で、熱はないからと外出してしまい知らないうちにウイルスを周りに拡散してしまうことがあります。

少しでも体の異変を感じたら、病院に行くことをおススメします。
それは貴方のためでもありますし、もちろん周りにうつさないというためでもあります。

スポンサーリンク

インフルエンザb型に感染してしまったら?

インフルエンザb型に感染してしまうと、インフルエンザa型と同じで悪寒や関節・筋肉痛など全身の倦怠感などを感じます。

しかし、症状的にはa型よりもそこまでという感じで、症状がほとんどない、もしくは熱が出ないということがあります。
微熱で終わってしまったという人もいるでしょう。
そしてa型と比べて、下痢などの消化器官に症状が起きることが多いのもb型の特徴です。

症状が軽く、普通の風邪かなと思ってしまい普通に出勤、もしくは通学してしまう人も多く、知らないうちに自分がインフルエンザの感染源となってしまうかもしれないのです。

インフルエンザb型は肺炎や脳症に代表される合併症を発症することもありますので、気を付けましょう。
呼吸が苦しく喘いでいる、もしくは意識がないという場合にはすぐに救急車を呼びましょう。
合併症を引き起こしている可能性があります。

スポンサーリンク

インフルエンザに2回感染する事はあるの?

もちろんあります。インフルエンザa型に感染してその一か月後に次はインフルエンザb型に感染してしまったという人を知っています。
本人はインフルエンザは一度かかれば2回目はないと思っていたのでとても驚いていましたが、インフルエンザの型が違えば2回かかることもあり得るのです。

稀ではありますが、インフルエンザの型が違うものを同時にかかってしまう人もいるそうで、その場合は普通のインフルエンザと比べて重症化することもあるのです。

予防注射をしていてもかかりにくいというだけで、絶対にかからないということはありません。

特に体がウイルスに感染して治りかけの時は体も治療するためにたくさん頑張るので疲れ切ってしまうのです。
そんなときにまたウイルスが入ってくるとそれに打ち勝てるほどの元気は体には残っていません。

インフルエンザにかかってしまったら、無理をせずにしっかりとした休養をとることが必要です。

スポンサーリンク

まとめ

インフルエンザに感染すると普通の風邪よりもかなりしんどいです。
インフルエンザに感染しなためにも、普段から手洗いうがいを心がけ、ウイルスが体の中に入ったとしても対抗できるような体つくりをしましょう。
もちろん偏った食生活や睡眠不足もウイルスにとっては絶好の餌食になってしまいます。

インフルエンザにかかってしまったら、体調が万全になるまでは安静にしましょう。

スポンサーリンク

コメント