無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

転職の為に女性ができる事は行動し問題よりも仕事の情報や実関でカバー

社会人

レディース洋服関係で就職して5年程勤務してきたテナントが閉まる事になりました。
勤務先の社長からお話しがあると告げられ「今度お店を閉める事になった」と告げられました。
理由としては、お客様の客足が少し低迷しているので、早い段階で閉める方がいいとの考えからでした。

この様な残念な経験はビジネスパーソンならあう可能性が誰にでも有る話しです。
けれど、これからの生活基盤をどうすか真剣に向き合わなければいけません。

そこで、今回女性の転職で慌てない自分でいられる為に、選択術や自分が行動出来る事を幾つか取り上げて見ましたので、これらは女性転職は勿論ですが、男性にも幾つか当たる内容ですので、是非落ち着いてごらん頂ければ幸いです。

転職 女性 行動


では、初めに勤務先が倒産と言う事になりますと、一般的には転職と言う形で事が進みます。
しかし、会社や職種によってや大企業や中小企業によっては勤務先が変わる程度で済む場合も有りますので、その際に自分が今お勤めの会社の雇用先の状況などを確認し倒産のお話しを受けた方に、ご相談してみましょう。

相談の結果、社員での募集が無かったり、勤務先事態が無い場合は、転職活動と言う事になりますが今の職場の勤務をしながら、色々と動いていていきましょう。

お勤めしている所で社員雇用が無い場合でも、アルバイトとして開きがある場合は、自分にとって有難いお話しなので、色々と今後の検討をしますとお返事を待って頂きましょう。

理由は、転職活動をして直ぐに自分の好むや望む勤務先が決まる場合はいいですが、決まらないケースも有りますので、今までの職場なら自分も少し便りに出来る事とその決まらない期間をアルバイトとしての収入源も確保できますので、有難い話しです。

スポンサーリンク

転職 女性 問題

次に、転職活動ですが、女性の場合年齢が20代後半にも差し掛かると、企業に寄っては結婚出産があるので、社員で雇い入れる事を嫌がる企業さんもいると言う事実を念頭に入れて置いて下さい。

しかし、問題も考え方や仕事に対する向き合い方により、クリアー出来る事です。

そのやり方が、面接の際は学歴や資格は勿論ですが、20代後半や30代ぐらいになると、業績を求める企業が多くなります。
業績とは自分が会社に貢献した証拠となる様な物ですが、大企業や役職が有る場合は調べられる可能性は有りますが、一般社員だと中々難しいものです。
その際は、自分が貢献した結果が分かる資料などがあれば面接時に見て貰えかなり有利に働きます

パソコンから自分がここ最近1年間程で仕事で出した売り上げや利益の具体的な数字を出た資料のコピーを提出出来ると参考になります。
しかし、これは企業で禁止されている所も有りますのでご自身の判断で。
会社が倒産するので有れば余り迷惑を被る行為ではないと思うのですが、それよりも、転職活動が上手く働く事を優先したいですよね。
この様に資料がそろうと、面接時に結婚の問題などがあった場合もその問題より、相手が実績や仕事の内容の方が気になる様にする事が重要です。

スポンサーリンク

転職 女性 情報

その他にも転職ではやはり、情報収集も重要です。


転職先に選びたいと思う企業の情報収集をし、その仕事内容のレベルも上げる執拗が有ります。

今もっている資格の向上の勉強をしてみたり、仕事内容に執拗なスキルが有る場合はスキルを上げて、今以上のスキルを手に入れなければいけません。
次の職探しまでに、時間がかかる場合は雇用保険の手続きをして、ゆっくりと再就職に努めましょう。

最後に、今の働いている従業員さんで同じ立場の人がいるなら次にどの様に行動するのか聞いてみるのもお勧めです。また違った意見や情報が集まります。

情報や実績を集める事で、転職の面接の際に結婚や出産と言った個人的な内容より先に仕事の実績を見て集めた情報の話しの質問を相手がしたくなるのでは無いでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回は女性の転職に付いて色々とお話ししてきましたが、転職と言うのは何も女性だけが、
不利なのでは無く、男性にとっても不利な事ですが、

業績や実績がわかると、受け入れてくれる職場も有るのではないでしょうか。
女性でも産後も仕事に戻りたくなる可能性だって沢山あるので、それまで受け入れてくれる
職場をさがしましょう。

今回は以上になります。

スポンサーリンク

コメント